おせちドットコム

今年のおせち料理は仕出し屋さんに頼むことにしました

母の入院とおせち料理

毎年、お正月には母の手作りのおせち料理を食べていましたが、今年は母が体調を崩し、入院することになったので、おせち料理は仕出し屋さんに頼むことにしました。

入院している母に聞きながらおせち料理を作ろうかとも思いましたが、仕事もしているのでそれは無理だと思います。

母の作る料理は、とてもおいしく、また冷蔵庫の残り物でとても美味しいものを作ってくれていました。

特に母のお弁当はいつも学校でも自慢でした。

今でこそキャラ弁が注目されていますが、私が小学校の頃には海苔でキャラクターの顔を作ったりしていました。

料理が美味しいしというのが当たり前のようになっていましたが、いざ母が入院すると、あらためて母の偉大さがわかりますね。

料理上手な母からたくさんのことを教わっておきたいと思いました。

姉の結納の時などお祝い料理にいつも利用している仕出し屋さんは、とても美味しくまた値段も手ごろなので、そこにおせち料理を頼もうと考えています。

最近では、おせち料理はインターネットでも取り寄せできる時代になりました。

また、おせちのきっかけというサイトを見ると、洋風おせちや中華風おせちなど、かなりアレンジしたものもあり、かなりおせち料理という概念も変化してきているな、と思います。

結婚して県外に住んでいる姉におせち料理について聞いてみたところ、今はおせち料理は全部手作りで作る、という家は珍しいようです。

おせち料理やお正月用のオードブルを購入したり、おせち料理を購入しないけれど惣菜を買ってきて重箱に詰める、という家がほとんどのようですね。